忍者ブログ

MIYAKO Style; Product and Design Office

▼「ボクは自然体が一番だと思うよ ピッチの上でも女の子の前でもね。」 焦らず、気負わず、嘘をつかず。 ▼「結局 男は余裕があるほうがモテるって話だよね。」溢れるほどの余裕(お金とか、背丈とか)は無くても、ありそうなフリをする。その様に振る舞う。 ▼体裁はあくまでも「小ラム」です。

[1018]  [1016]  [1017]  [1015]  [1014]  [1013]  [1012]  [1011]  [1010]  [1009]  [1008

[PR]

2017/12/15 (Fri)

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【 ♪たんたん 】

2011/03/08 (Tue)

当社のソフトウェアパッケージのひとつで、誰が思い付いたか知らないが、何故かタヌキをマスコットキャラクターに配しているものがある。

▼対象となる業務名を文字ったらそれっぽくなってしまったという、ありがちなパターンではあるが、オリジナルのマスコットキャラクターが「いる」というのは、筆者的に結構・・・かなり評価している。
そりゃあ、a業さんですもの。
毎日毎日、大して面白くもない「業務の効率化」だの「システム構成と概算価格」ばかり説明・提案するばかりでは、芸が無いと思われてしまうのである。
そんな時、ちょっとひょうきんな顔をした動物キャラクターがカタログの端にでも出ていると一瞬、場が「和む」のが人情という奴である。

▼しかしながら、このソフト。
単体では機能しない、当社の宣伝が大して上手でもなければ金も掛けてない事もあり(開発費はあんなにかけてんのに・・・。)、名前は特に売れてない。

ささやかながら筆者の夢は、

①彼が当該業務の担当課長役で問題解決をしていく、製品解説マンガ作成(販促資料)
②お客様アンケートによる強いリクエストが切っ掛けで作った、クリーナー付携帯ストラップ等の販促グッズが口コミで大好評
③事例紹介が元ネタとなる製品解説マンガがパワーアップ、ついに当社Webサイトで月刊化決定。ひょうきんな顔立ちと、部下を愛する中間管理職の哀愁という設定が、巷の事務系OLに大人気
④連携する業務パッケージのキャラクターとのコラボレーションで、キャラクター同士と役員や部下役(ナレーター)とのシチュエーションコント(会議や、飲み会。)で巧みにストーリーを展開しつつ製品の「100%使いこなし術」を提案する新しいスタイルの業務改善セミナーが、連日立ち見が出る程の満員御礼。
⑤ついにキャラクターが一人歩きしCGアニメ+実写映画化決定、宮崎アニメの上を行く興行収入。サラリーマンから個人事業主、タヌキ目当てで連れて行った子供達までが、日々会社で闘っているお父さん・お母さんの「会社・仕事の大変さ。」を実感し「ありがとう~っ!」と号泣するトレーラーが連日TVでオンエアされ社会現象に。

・・・あたりかな。
書いてて一人で盛り上がってしまった。


合掌。

* 今週は、ずっと社内

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

【 M8.8 】 HOME 【 MacBook Airを買おう 】

Calendar

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

twtr

Profile

HN:
soshi_fa2
年齢:
45
性別:
男性
誕生日:
1972/03/13
職業:
Sales



忍者ブログ [PR]
template by repe