忍者ブログ

MIYAKO Style; Product and Design Office

▼「ボクは自然体が一番だと思うよ ピッチの上でも女の子の前でもね。」 焦らず、気負わず、嘘をつかず。 ▼「結局 男は余裕があるほうがモテるって話だよね。」溢れるほどの余裕(お金とか、背丈とか)は無くても、ありそうなフリをする。その様に振る舞う。 ▼体裁はあくまでも「小ラム」です。

[1122]  [1121]  [1111]  [1113]  [1114]  [1115]  [1110]  [1108]  [1107]  [1106]  [1109

[PR]

2017/12/15 (Fri)

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【 手術 】

2011/09/21 (Wed)

色々デリケートな話ですが、いち記録としてしたためます。

▼この手術の事を決めたのは、もう1ヶ月以上前。
年始から半年検査して、サプリ飲んで、漢方飲んで、タバコも止めて、ランニングも始めたのに一向に数値が上がらなかった。
紹介状を持って訪れたその専門病院、エコー検査でいきなり見つかった、精索静脈瘤。
不妊男性の40%に見られる「原因」だという。
手術の方法は顕微鏡を使った低位結紮術。局所麻酔で、日帰りが可能且つ効果が確認されている方法。
筆者的には、静脈瘤がわかった時点で否も応も無い気がしていた。
手術なんて大げさではあるが、やらない理由は無かったのだ。
そこまでして子供が欲しいかというと、それは過程であって目指すところではない。
いずれにしても、何か手段があるなら費用と時間をかけてみようという気に、すぐなっていた。

▼周囲には反対された。
特に自分の両親には、伝えた時期が悪かったのもあり、最後の最後で辛い会話(しかし、本音の会話)を少し、した。
-----
昨晩、父親と今日の手術につい電話した。手術と聞いたら、心配だと言う。無用な心配だと言い切れない、後ろめたさが残ったが何故か今回「どっちにしても、何か結果を出す為に、前に進みたい。」と渇望した。焦っている訳では無いが、諸々俺には時間が無いのだ。

自分の意志を尊重してくれるように振舞っていた家内には一番、余計な、言葉に出さない不安・心配をかけたと思う。
自分の中ではそんな周囲の声に、折しも会社内でのとあるイベントで出た結果と重なって、意外に辛い思いをしていたことは、できれば内緒にしたい事実だ。(一番呑気に構えていたくせに、である。)

▼本番は、正にまな板の上のコイ。
極々身近な何名かに励まされ、約2時間の手術を乗り切った。
予想外に時折痛かったし、知っている人なら案の定と言うところだが、終わった後もほの遠くに鈍い痛みが感じられた。
遠方帰宅するのはちょっと不安だろうと病院に勧められて、今日は恵比寿駅を挟んで丁度反対側に宿を取っていた。
折角ならとはしゃいで家内が泊まりたがった、ウェスティンだ。
15時丁度にチェックインした。
快適な部屋でVPNを繋ぎ、少し仕事をした。
比較的大きなN社案件が、決まりかけていた。

午後から夕方にかけて、台風が猛威を振るい家内を新宿で立ち往生させ、親友のうちには娘が誕生していた。


心身ともに、今年一番「ハードな1日」だった。

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

【 期の最後くらい、まくりますよ。 】 HOME 【 試験とかがある訳ではなく 】

Calendar

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

twtr

Profile

HN:
soshi_fa2
年齢:
45
性別:
男性
誕生日:
1972/03/13
職業:
Sales



忍者ブログ [PR]
template by repe